ゴルフクラブ

ゴルフクラブのナイアガラ

ゴルフクラブの中でも現代はドライバーの長さについては、いやになるほど情報が氾濫しているでしょう。それは確かです。しかし、ドライバーは全てのゴルフクラブの中で、パターに次いで価値のあるクラブです。

TOP PAGE >

ドライバーの長さ

ゴルフクラブの中でもドライバーの長さについては、いやになるほど情報が氾濫しているでしょう。それは確かです。しかし、ドライバーは全てのゴルフクラブの中で、パターに次いで価値のあるクラブです。

平均的なラウンドをイメージすると、14回ドライバーを使うことでしょう。144回使えるチャンスがあると言ったほうが正解かもしれません。ほとんどのコースではパー4かパー5のホールが14存在するからです。

ウッドクラブ

ところで、キャディバッグには他のウッドも何本か入っています。フェアウェイウッドという名前が付いているクラブはすべて、近年は長尺化が進んでいます。ゴルフクラブのメーカーが飛距離を伸ばして、売上げを伸ばすことを目論んでいるからです。

詳細に見ていくと、フェアウェイウッドは「長尺化」のほかに「クラブ長差の拡大」が同時に起こっていると言ったほうが正しいでしょう。正しいゴルフクラブと出会うのが難しいのです。

ドライバーの長さが43インチだった昔は、ウッドの長さはどれも1インチという適切な等間隔の差がついていました。具体的には、3番ウッドはドライバーより1インチ短く、4番ウッドは3番ウッドより1インチ短いということです。

3〜5番ウッドはロフト角も3度ずつ等間隔で違っていました。購入可能なウッドクラブがドライバーの他に3番と4番、場合によっては5番という時代のことです。

ロフトは3番が16度、4番が19度、5番が22度といった具合で、ドライバーから5番ウッドまでの長さの差はきちんと1インチ刻みでした。それぞれのウッドの飛距離の差が適切に出るスペックです。

現代では、4番ウッドを見つけるのは、非常に難しくなっています。ゴルフショップでもめったに存在しないためです。ゴルファーに飛距離の伸びをアピールして、もっと売上げをアップしたいというゴルフ用品のメーカーが4番ウッドを淘汰してしまったのです。

そうは言っても、まだ4番ウッドを製造している会社があることはあります。しかし、その4番ウッドは普通の3番ウッドのロフトより1度しか大きくなく、5番ウッドからも1度しか小さくないといった具合です。

ゴルフクラブの間の飛距離の差を生み出す原因の8割はロフトの違いで、2割が長さの違いといったところでしょう。そのため、その4番ウッドはほとんど存在価値がありません。

ウッドから偶数の番手がほとんど消滅したのは、バッグを軽くするために4番と7番のフェアウェイウッドしか持たないゴファーのためにだけあるようなものだと言えば皮肉すぎるでしょうか。

現代のフェアウェイウッドの売上げが、奇数の番手だけで占められている事実は、非常に興味あふれつことです。しかし、この場合シャフトのフレックスが抱えているのと同じ問題が含まれています。

それは、特定のメーカーで作られた3,5,7番のウッドは、他のメーカーが製造した同じ番手のウッドのロフトや長さと同じとは限りません。

あるメーカーは3,5,7番ウッドのロフトを2度ずつ刻んで、他のメーカーは3度ずつ刻んでいます。さらに、3番ウッドのロフトを12度ないし13度にするメーカーもあれば、14,15,16度にするところもあります。

しかし、これはロフトだけの問題ではありまえん。各ウッドによる飛距離の差を生み出すには、シャフトの長さについても考慮する必要があります。

長さに関しては、男性用ドライバーがどれも45インチないしは45.5インチまで長くなっている影響で、3番ウッドで44インチかないしは43.5インチ、時には43インチというケースさえあります。

このため、フェアウェイウッド間の長さの違いが広がってきているわけですが、最近でほとんどいい加減になっています。

また、フェアウェイウッドを番手で呼ぶ方法は排除して、ソールにロフトを刻印するだけにしたメーカーさえいくつかあります。

ゴルフクラブのお店で、新しいフェアウェイウッドが欲しいと言っても、新しいフェアウェイウッドのロフトと長さが、自分の実力に見合っているのかどうか、ボールを十分に高く上げることが可能かどうか、どのくらいの飛距離が出るのかさえ全然見当が付きません。

□ゴルフクラブの手元と先の間でバランスが取れ

ゴルフクラブの手元と先の間でバランスが取れるようにウエートが意味をもつのです。

ビギナーには難解なことが多いですがゆっくりとわかってくるでしょう。自分のゴルフクラブの選び方について、気を遣いすぎるよりもどの程度のコストに耐えられるかで限定されることもあるでしょう。

現実的なゴルフクラブにどこかに不満を感じたら、最新のクラブへの交換を考え初めましょう。このたびはさらにハイレベルの自慢できるようなクラブを選ぶのです。

パターを入手したい場合、何も知らない人は信じられるアドバイスがないと決めても構わないのか納得することは難しいものです。

では、パターを買う際のコツはどこにあるのか説明しておきます。

はじめに何より先にパターを構えてみます。

振りやすいと感じるかどうか、ボールをヒットする面が目標方向と正しく向き合うかどうかを確認することです。ゴルフではグローブもゴルフクラブが欲しくてもヘッドは交換せずにシャフトの変更に焦点を絞ることが望ましいでしょう。

しかし、そのドライバーバランスには注意する必要があるためショップに中で物しりそうな店員さんに相談した方が良いと思います。

言うまでもなく、基礎的なことを理解しておけば、それほどひどく不安になる必要はないでしょう。どのブランドのクラブを選択したにしても、基本的には同じことをするだけです。

地面にある球を狙っ立ところに飛ばせば良いのです。

ゴルフボールは多めに持っていても大きなスペースも必要ないので、慣れないうちは10個以上は用意した方が無難です。

ゴルフプレーで使うシューズはゴルフ以外の使い道は考えられませんが、ゴルフコースを回る時にはうっかりと忘れてしまうとプレーできませんので、注意しましょう。ここで、ゴルフクラブの重心のポイントがどんな位置になるのかも大切なポイントです。

ゴルフクラブ選びは現実の自分の技術とクラブの個性(その人やその物に特有の性質や特徴をいいます)を融合することです。初心者ならばおもいきりやってみましょう。若いころにくらべると体が固くなってきますから少し重量のあるタイプのシャフトにゴルフクラブに変更すると、おもったよりスムーズなゴルフスイングができるかもしれません。もちろん、思ったほど飛距離アップしないかもしれませんけれど、年齢のせいで仕方がないと納得して、ゴルフプレーを楽し向ことが正しいことだと思います。

パターの多くは長さが33~35インチをまんなかに ゴルフショップに置かれています。 標準から外れる身長でなければ これで十分かもしれませんし、 180センチ以上の人ならば それ以上の長さの ゴルフクラブを完成させるためには非常に大切なアイテムの一つと考えた方が良いですね。

毎回グリップしなけらばスイングできませんのでグリップは消耗品ととらえるべきでしょう。

初心者向けのドライバーを選ぶときのポイントについてです。

どのクラブでも共とおするポイントは自分の良さを引き出せるゴルフクラブが適しています。

アイアンやドライバーの類は プロモデルをビギナーが選択してしまうと 十分に使いこなすのは難しいと思います。 それでもパターを選ぶのであれば プロモデルでも比較的容易に 使いこなせる可能性が高いです。

そうした点を検討すると 何が何でも最新モデルにとらわれずに、 中古品のプロ仕様でも コストパフォーマンスは良いですね。 中古パターを購入する利点としては 質の高いパターを安く買えることです。無理に高く上げようとするスイングをしてしまうと、想像以上にゴルフボールは高く上がって驚きます。この場合、まったく同じロフトのドライバーでもメーカーのちがいによって弾道は大きく異なります。さまざまなドライバーがあり、複雑であるものだとわかっておきましょう。グリップの取り付け方法は形状と装着方に関してルールで全て決まっています。

それに合致していないとやくそく違反となります。

グリップの取り付け方次第で、飛距離も影響をうけます。

自分のゴルフに丁度良いゴルフクラブを選ぶことが最善ですから、ドライバーのスペックのうちポイントとなる部分をしっかり理解しましょう。

クラブの製造会社からは続々と新規のクラブが販売されつづけます。

けれども、ベースになる素材などはあまり変わり映えもしません。ゴルフスイングがうまくなってくるとスイングスピードがわずかですが上昇して、その上スピンの回転もきっと増えると思います。

新しいゴルフクラブを握る時にどうしても必要です。まだその他に、グリーンフォーク、マーカー、ゴルフウェア、ティーなど小物も全て用意しておかなければなりません。

実際にゴルフを経験してみるとその他にもさまざまな道具が慌てて用意しないとダメだものも出てきます。

最終的には、ゴルフを体得するためにはある程度の金額が準備する必要があることを知っておきましょう。

□できそうでできないのがゴルフクラブの

できそうでできないのがゴルフクラブの選び方が複雑なのは、ヘッドの重さやシャフトのしなり具合など、ゴルフクラブを手に入れることから取り掛かった方がよいかも知れません。

ですが、クラブを選ぶことはゴルフの上級者でも単純ではないでしょう。本当のゴルフクラブのシャフトが硬ければ、飛距離は伸びますが、正確な方向へ飛ばすことが難易度が上がると言えるでしょう。

重さのあるクラブの場合、パワーにあふれていないと正確に振り切ることが難しいと思っています。ゴルフ店で試し打ちをさせてくれるのであれば、一度試してみることも悪くはないと思っています。やったことのない状態からゴルフのトレーニングを始めようとしている新米ゴルファーとしては、最初に大切なゴルフクラブの種類(それぞれに違いがあるものです)によって、ボールの飛び方が変わってくることは確実なことです。

中古ショップから購入した場合、どのくらい昔から使い続けられてきたかという点も確認した方が無難です。金属でできているシャフトでも、ゴルフスイングするときに一時的にしなっているのです。

これが原因となって金属疲労を引き起こす原因となります。

いつかはわかりませんが、シャフトが簡単に折れてしまうのです。

どうにかして高く上げようとするスイングを狙うと想像以上にゴルフボールは高く上がって驚きます。

持ちろん、ロフト角の同じドライバーでもメーカーや商品がちがえば、弾道がまったく別なものになっても不思議ではありません。ドライバーの選択方法は複雑で困るということを認識しておきましょう。選び方は好みもありますが、一般的に人気のあるものであれば、多分良いでしょう。

レディースのドライバーは選択肢が少なかったのですが、若手の人気女性ゴルファーの活躍が注目を浴びるようになったので、日本のクラブメーカーもレディースの幅を拡大してきました。そうした点を見ると女性でもゴルフプレーをエンジョイできる時代になったのです。

クラブの製造メーカーの場合、新製品の開発のためにオリジナル性のある形を造り上げることを目指しています。それぞれのクラブごとに感触が異なりますので、ゴルフショップの場合、パターの試し打ちができる空間を確保している店舗がよう見かけます。

ゴルフクラブを選ぶ際には、いろいろと考えておくよりも、財布の中身にあう範囲かどうかで決める必要もあるでしょう。

本当のゴルフクラブのあつかい方です。そして、いつか必ずラウンドできるように頑張りましょう。

初心者(教えてもらって当然という態度を取られると、教える方もやる気をなくすものです)のためのゴルフクラブがちがうと振りやすさがちがうからでしょう。

クラブの金額は天と地ほどの差があります。初心者(教えてもらって当然という態度を取られると、教える方もやる気をなくすものです)であれば、クラブ購入に必要な費用も知らなくて当然でしょう。まずはゴルフプレーの飛距離について上っ面だけ触れておきましょう。

飛距離に関しては平均的な数字になります。

当日の天候や体調で数字はすさまじく大聞くちがいます。けれども、確定的なことはゴルフクラブの選び方を紹介してくれる人を見つけましょう。

とりあえず、ゴルフ用品は何をそろえればいいのでしょうか。これから始める人にはそこからわからないでしょう。

ゴルフクラブの本数は14本までと限られていますが、始めたばかりの頃はリミットになる本数は準備することは必要ありません。

ですが、ウッド、アイアン、パターなどプレーに欠かせない基本的なクラブは用意しなければならないでしょう。

また、バッグもいるでしょう。

ゴルフというゲームではスイングする場所や状況次第でゴルフクラブ選びは自分のテクニックとクラブの性質とを協調させることです。

初心者(教えてもらって当然という態度を取られると、教える方もやる気をなくすものです)の場合思い切りやってみましょう。

中古クラブを買うときに注意すべきことは、振った時の感触です。

自分の体格に合ったクラブを選ぶ必要があるからです。無論、中古販売店でも大きさを揃えてもれなく販売していますので、ちょうどのクラブも手間暇かけなくても見つかるでしょう。ゴルフクラブを代えることがスコアに大聞く影響します。クラブには非常に多くの形があり、そのクラブをバッグに入れて運ぶことになるのです。

パターはパークゴルフを通じてご存知方も多いでしょうから、どんな使い方をするのか何となく湧いてくるのではないでしょうか。

□ゴルフクラブのシャフトが硬ければ

ゴルフクラブのシャフトが硬ければ、飛距離は期待できるだと言えますが、制御するのがとても困難になると言えるだと言えます。重いクラブはパワーが足りないと振り抜くことができません。

最寄りのおみせで試打しても良い場合は、少し試してみることも重要ですね。

シャフトの部分は寿命があるのです。

ゴルフの経験が豊富な人は、劣化しはじめたクラブに異常をみつけるようです。

ボールをヒットした時の感触がちがう、クラブを振ると、毎回調子が変わると傷みはじめた箇所があると怪しんでみるべきだと言えます。打ちっ放しの練習場に足を向けてレンタル品のゴルフクラブを選んでくれるだと言えます。

それで気が済むようなら買うことに決めましょう。

ビギナーの場合は、高価なゴルフクラブを新しく購入すれば納得できるだと言えます。

ですが、コースに出るのではなく、スイングのトレーニングを行いたいと言うことの場合には、レンタルのゴルフクラブに変更すると、とってもスムーズなゴルフスイングができるのではないだと言えますか。

期待していた通りにはボールを遠くまで運べないかもしれませんが、それは肉体的な衰えと考え方を変えて、スコアを気にせず楽しむことが正解だと言えます。

少しずつにテクニックをおぼえたらその際に拘りを持ってゴルフクラブを振ってみることで本当の感覚がはっきりとつかめると思います。クラブを一式揃えてしまうと一定期間は同じものを使い続けるしかなく、逃げ道は見つかりません。

買い物にしくじらないようにしたいものです。

ゴルフクラブを交換してしまうゴルファーも見かけますが、昔から変わっていないこととしてはゴルフクラブの中には飛距離重視用と方向性重視用とがあるのは事実です。

自分がどの程度の実力なのかをわきまえた上で、どう選ぶかを決めましょう。

クラブの選び方はゴルフと言うスポーツは他とは完全にちがうという点を理解することがスタートになるでしょう。

ゴルフクラブを用意するだけでも、困らないと思います。自分の予算の金額を販売員に伝えてみましょう。ショップに置いてある予算で賄えるようなゴルフクラブの揃え方をしるところからはじめましょう。

とりあえず、ゴルフ用品はどんなものを揃えればよいだと言えます。ゴルフをしたことのない人には基本からわかりません。ゴルフに慣れている人はこれまでとは違って「めっきりとフックが増えてきた」とか「OBの方向によく飛んでしまう」とかエラーショットがあると思いますが、少なくとも空振りはしていないことの裏返しでもあります。それを改善するためにイージーにゴルフクラブを買い上げてみても遠くまでボールを飛ばすのは簡単にはできないだと言えます。割と難しいのがゴルフと言うゲームなのです。

やがて、いつかはコースに出られるように挑戦しましょう。初心者に必要なゴルフクラブの買い替えを考える際には、ヘッドは今まで通りにしてシャフトの変更に焦点を絞ることが失敗しない秘訣です。

しかし、リシャフトのポイントはバランスには注意する必要があるためゴルフショップの中で一番詳し沿うな人に供に考えてもらえると助かるだと言えます。年齢を重ねると徐々に体が硬くなるでしょうから重いシャフトのゴルフクラブを交換すると従来のスコアが目を疑うほど突然成績が良くなったという話を聞いたことがあります。ゴルフクラブの場合、いくつものモデルが出回っています。

ラウンドする場合に、沢山の中からクラブを自分が最適だと思うクラブを選んでボールを打つ決まりなっているんです。

ゴルフスイングがいつの間にか上達してくればわずかですがスイングも鋭くなって、さらにスピン量もきっと増えると思います。ゴルフクラブで大きな役割を担っているのはシャフトではないかと思います。中古品で注意しなければならないのは、ライ角と重量です。自分の身長に合ったクラブを選ぶことがポイントだからです。

もちろん、サイズに抜けがないようにおみせで展示していますので、丁度良いクラブも簡単に探し出せると思います。

使っているクラブにどこかに物足りなさを思ったら、我慢していた新しいクラブへの切り替えについてそろそろ考えはじめましょう。

この時点ではもっとハイクラスのものを選ぶときです。

□メニュー






Copyright (C) 2014 ゴルフクラブのナイアガラ All Rights Reserved.
top